チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイ山間の小さな村が大ブレイク!メーガンポン村へのアクセス

チェンマイ山間の小さな村が大ブレイク!メーガンポン村へのアクセス

昔にタイムスリップしたかのような街並みと大自然を満喫できるメーガンポン村は、チェンマイで今一番ホットな観光スポットです。

ひと昔前まで知る人ぞ知る観光地だったメーガンポン村がなぜ突然ブレイクしたのか?その謎を探るべくツーリングしてきたので報告します。

メーガポン村ってどこ?メーガポン村へのアクセスは?

メーガンポン村はチェンマイ中心部から東に約50km、車で1時間ちょっと、メーオーン郡の山間部にある小さな村です。

人口もこれといった産業も少ない村では数年前から観光と環境を両立させるエコツーリズムに力を入れていて、積極的にホームステイを受け入れている。知る人ぞ知るといった感じの場所でした。

それが今では、インスタやFBなど、SNSの普及とともにメーガンポン村の話題を発信する人が増え→メディアで取り上げられ→タイ人の若者の間で一番ホットな観光スポットに大変身しました。(メーガンポン村ブレイクの個人的な見解です)

さて、そんなメーガンポン村へのアクセスですが旅行者の方には以下の移動手段が考えられます。

ソンテオチャーターで行く

ソンテオチャーターで来ていたタイ人グループ(8人から10人)を3,4組見かけました。料金は交渉になりますが往復で1500バーツから2000バーツの距離です。グループならソンテオチャーターがベストな移動方法だと思います。

ウーバーで行く

ウーバーのアプリを使って料金を調べてみたところチェンマイ中心部(MAYAショッピングセンター)から片道700バーツでした。2,3人で割り勘すれば一人2500円くらいなので大人の方ならウーバーと言ったところでしょうか。

関連記事

チェンマイ旅行では料金トラブルがないUBER(ウーバー)が安心

レンタルバイクで行く

ぼくは車で3回、バイクで2回行ったことがありますが、交通量が少なくとても走りやすい道なので、原チャリに乗ったことがある人なら一番おすすめしたい移動手段です。

チェンマイからメーガンポン村へレンタルバイクで行った時の風景1

広い一本道は左端を走っていれば危なくありません。

チェンマイからメーガンポン村へレンタルバイクで行った時の風景2

田園風景や、

チェンマイからメーガンポン村へレンタルバイクで行った時の風景3

森の中の秘境的な絶景を間近で見れるのが魅力です。

関連記事

タイでレンタルバイクに乗る!無免許運転の反則金と盗難を防ぐ駐輪方

路線バスで行く

メーガンポン村のブレイクぶりに現在、チェンマイ第一ターミナル、通称チェンプアックバスターミナルからチェンマイ→サンカムペーン温泉→メーガムポン間をロットゥーと呼ばれるワンボックスカーが1日3本運行しています。

運賃は150バーツです。運行ダイヤやチケットの購入方法はこちらの【チェンマイバスターミナル 1 】路線バスで巡る郊外の人気スポットにまとめてあります。

メーガンポン村の人気観光スポット

ずばり、村自体が観光スポットです。疲れますけど村を歩くだけで癒されます。

メーガンポン村のメインストリート

メーガンポン村のメインストリート 1

100m程のメインストリート沿いには飲食店やお土産屋さんが並んでいます。

メーガンポン村のメインストリート 2

偶然テレビを観ていたらThaiPBS(タイのキー局の1つ)で特集されていたのでそこそこ混むと思ってましたが、まさか、ここまでw 

テレビの力ってすごいですね。(写真は11月18日12:30頃だったのでたまたまお昼と重なっただけかもしれません)

メーガンポン村のメインストリート 3

ただ、混雑はメインストリートだけです。

ルンプッドパーペン

メーガンポン村ルンプッドパーペンカフェ

このカフェは(宿泊もできる)村の中央に位置し、野趣味あふれる木造建築がメーガンポン村のランドマーク的存在です。タイ人女子はほぼ間違いなく看板をバックに記念撮影していました。

屋台

メーガンポン村の屋台 1

食べ物屋台もでているので、ちょっとつまんで小腹を満たすことができます。

メーガンポン村の屋台2

ちなみにタイでは屋台で買った食べ物を他店に持ち込んで食べてもKOです。

メーガンポン村の屋台の北部ソーセージ サイウア

北部ソーセージ「サイウア」

メーガンポン寺(ワットガンタープルックサー)

メーガンポン寺

メーガンポン村で唯一のお寺です。

メインストリートは駐車禁止になっているのでこのお寺が駐車場代わりになっています。

メーガンポン寺の猫

可愛い猫たちがいます。

喧騒を離れてしっぽり過ごしたい人は、これから紹介するメインストリートから離れたカフェに行ってみてください。自然と一体化した非日常空間を満喫できます。

テドゥカフェ

メーガンポン村テドゥカフェの猫

滝と小川のせせらぎを聞きながらマイナスイオンをたっぷり浴びれるカフェです。

テドゥカフェ

看板で想像つくと思いますが可愛い猫がいます。

メーガンポン村のッカフェ サワンカーター

カフェへはうっそうとした森の中を50m程歩いていきます。

目と鼻の先(50m)がメーガンポン村のメインストリートになるため、立ち寄る人がいないので穴場ですよ。

IMG 3674

カウンター席の真下には小川が流れて、

降りて近くに行くことができます。

リゾート気分が満喫できるカフェです。

二匹の猫と贅沢な時間を過ごしました。

名称|Teddu cafe
営業|8:30~18:30
連絡|090 236 1419
座標|18.86574, 99.3472
FB|https://th-th.facebook.com/Tedducoffee/
フォトジェニックポイント|滝と猫

サワンカーター

メーガンポン村のカフェ サワンカーター

滝をバック記念写真

メーガンポン村のカフェ サワンカーター 1

手作り感満載のこじんまりしたカフェ です。

*時期によって滝の水量がかわります。

名称|สว่างคาตา
営業|9:00~18:00
連絡|081 164 5984
座標|18.86721, 99.32535
フォトジェニックポイント|滝

パーナームロート

メーガンポン村のカフェ パーナームロートの店内

迫力ある大きな岩がゴロゴロしている森の中のカフェ

メーガンポン村のカフェ パーナームロートの入り口

入口は小さいので見落とさないように!(ぼくは、グーグルマップを見ながら走っているにもかかわらず通り過ぎちゃいましたw)

入口を入ったらわくわくしながら好みの席を見つけてください。(注文時にテーブル番号を聞かれるので卓番を覚えておきましょう。)

メーガンポン村のカフェ パーナームロートの橋

橋がかかっているほど広いカフェなので、オーダーはカウンターに行って飲み物(食事)を注文します。

ドリンクだけの人は店員さんにもってきてもらうより、待っていてその場で受け取ったほうがいいですよ。

二人なら岩を背もたれにして小川を眺めることができる席がおすすめです。

メーガンポン村のッカフェ パーナームロート

小川に足を投げ出して一人で座われるカウンター席もあるのでぼくみたいにぼっちには嬉しいです。

名称|ผาน้ำลอด
営業|7:00~18:00
連絡|096 604 1377
座標|18.86639, 99.3245
フォトジェニックポイント|カフェの脇を流れる小川

メーガンポン村のまとめ

1.メインストリートは歩くだけで癒されますが、勾配があるのでかなり疲れました。サンダルではなく歩きやすい靴がいいですよ。

2.どのカフェも小川や滝が流れていてマイナスイオンたっぷり、中心部から1時間しか離れてないのに大自然を堪能できました。ちょと、チェンマイ中心部のカフェとはスケールが違います。

3.飲食店のスタッフはちびっこ(小学生)が多く、不慣れですが小走りで一生懸命配膳している姿にちょと感動しました。この子たちの給料はアイスとかお菓子なんだろうなぁ。なんて思いながら。

せっかく、メーガンポン村まで足を伸ばしたなら、トレッキングやジップラインができる周辺の観光スポットも巡ってみてください。

絶景カフェのThe Giant Chiangmai Thailandもここから20分です。*レンタルバイクの方はピックアップトラックに乗り換えます。

メーガンポン村は別名ホームステイの村というほど積極的にホームステイを受け入れています。

村の雰囲気が気に入った方はホームステイで普通の旅行では体験できない村で暮らしを体験してみてください。

要望があればメーガンポン村ホームステイ先一覧をまとめます。

sponsored link