チェンマイでタイ語勉強中

チェンコーンのタイルー族博物館、カフェ、織物直販店、集落見学

チェンコーンのタイルー族博物館、カフェ、織物直販店、集落見学

チェンラーイ県チェンコーン郡中心部から約15km離れた場所にタイルー族の暮らす村があるという情報を聞きつけて行ってきました。

タイルー族博物館、カフェ、小規模で織物を作っている家などが点在していて、暮らしぶりや、機織りの様子を見学することができました。

タイルー族博物館

タイルー族博物館の看板

タイルー族博物館はメコン川と並行して延びるチェンコーンのメインストリートを南下、中心部からトゥクトゥクで15分、運賃は100バーツ、脚力がある人なら自転車でも大丈夫かもって距離にあります。

タイからラオスへバスで国境超えする方はタイラオス第4友好橋に行く途中にあるので寄ってから行ってもいいかもしれません。(帰りでもいいですけど)

タイルー族博物館のパネル

タイルー族の歴史や文化風習などがタイ語と英語で説明されていてタイルー族の理解が深まります。

タイルー族とはどのような民族か興味のある方ははリンクをたどってみてください。

タイルー族博物館でで展示してあった道具

タイルー族博物館の多種多様な織物 5

さまざまな道具が展示してあり当時の暮らしぶりがうかがえます。

タイルー族博物館の多種多様な織物 1

タイルー族と言ったら、美しい民族衣裳と経糸と緯糸を交互に組み合わせた織物が有名ですが、タイルー族博物館では多種多様なデザインの織物を見ることができます。

タイルー族博物館の多種多様な織物 2

服飾関係に興味がある方やタイ雑貨が好きな方は見ておいて損はないですよ。

タイルー族博物館の多種多様な織物 3

タイルー族はいくつかのグループがあって、それぞれ民族衣装が異なります。

タイルー族博物館の多種多様な織物 4

個人的にこのデザインが一番好きです。

民族衣裳、カバン、生地などのお土産も売っています。

名称|พิพิธภัณฑ์ลื้อลายคำ
営業時間|9:00分~18:00分
連絡|089 838 5724
座標|20.14978, 100.41241
入場料|無料

チェンコーンのタイルー族カフェ

チェンコーンのタイルー族カフェ

博物館の奥へ進むとカフェがあります。

チェンコーンのタイルー族カフェ入り口

これが、また素晴らしいカフェで、チェンコーンの素朴な雰囲気が好きな人なら絶対興奮します。

チェンコーンのタイルー族カフェ 1

ランナーのモナリザと言われているタイルー族の男性が女性に愛をささやく姿が描かれた「ささやく人」が飾られています。

ぼくは先月、ワットプーミンにある本物の壁画を観に行ってきたばかりです。

店内の雰囲気もいいですが屋外のテラス席で自然を感じながらゆったりくつろぐのもいいですよ。

テラスから見下ろすとバンブーブリッジがあります。

チェンコーンのタイルー族カフェのバンブーブリッジ

もちろん一階に降りてバンブーブリッジをわたってきました。

タイルー族の織物直販店

タイルー族の暮らす村の地図

この辺りには博物館やタイルー族の織物を作っている家が5、6軒あります。

2軒しか行ってませんが、雰囲気はさきほど紹介した博物館と似たような感じでした。

タイルー族の織物村

タイルー族の織物村

じつは、ぼくはチェンラーイからチェンセーン(ゴールデントライアングル)をまわって(南下して)チェンコーンに来たのですが、道中にバーンハートバーイ村という織物で有名な村があったのでそちらの村にもよりました。

タイルー族の織物村の店内 1

小さな村なのにタイ人の業者さんや観光客で賑わっていました。

タイルー族の織物村の店内 2

展示されている生地以外にも奥に在庫があって、生地の種類はかなり豊富です。

タイルー族の織物村の店内 3

サイズや柄などオーダーしている方もいました。

タイルー族の織り機

店舗を出て細い通路を村の奥に進んでいくと作業場があり、おばさんが織機で生地を織っています。

織り機で作業中のタイルー族

挨拶をしたら笑顔がかえってきたので中に入って見学をさせてもらいました。

柄と生地の大きさにもよりますが、この柄で完成まで1カ月かかるそうです。

バーンハートバーイ村のカフェ

タイルー族の織物村のカフェ

さらに村を探検すると、小さなカフェを発見!いつもならスルーする外見ですが、

IMG 3277

のぞいてみると、ちびっこのたまり場になっているテーブル席と、メコン川を眺められるカウンター席が、

カウンター席で素晴らしい景色を眺めながら、ちびっこ達との会話を楽しむという、なんとも贅沢な時間をすごすことができました。

場所は、メコン川と並行して延びるチェンコーンのメインストリートを北上、中心部から30km離れた場所にあります。

トゥクトゥクに乗って移動するのもひとつですが、チェンセーン〜チェンコーン間は道幅が広く交通量が少ないので、バイク初心者でも走りやすく自由が利くレンタルバイクもお薦めです。

関連記事

タイでレンタルバイクに乗る!無免許運転の反則金と盗難を防ぐ駐輪方

名称|กลุ่มผ้าทอบ้านหาดบ้าย
営業時間|8:00分~18:00分
連絡|089 555 7644
座標|20.3705, 100.25392
入場料|無料
sponsored link