タイ90日レポートオンライン申請できない場合の書き方と郵送方法

タイ90日レポートオンライン申請できない場合の書き方と郵送方法

タイの90日レポートがオンライン申請できるようになってから、何回もチャレンジしていますが、未だに成功したことがありません。

今回はぼくと同じような方のために、90日レポートをチェンマイにて郵送で行う方法と書類の書き方、提出期限についてお伝えします。

90日レポートの提出期限

90日レポートとはタイに連続して90日以上滞在する外国人が入局管理局に提出する書類です。

タイ滞在中にタイを出国した場合は90日レポートの起算日はゼロになり、タイにもどった日からまた新しくカウントが始まります。

満期日より起算して前15日、後7日の間に書類を申請する事ができこの期日内に提出しない場合は罰金となります。

90日を超えて自己申告した場合2000バーツ、取り調べなどで見つかった場合4000バーツ、プラス正確な満期日より起算して1日200バーツ。

90日レポートの書き方

90日レポートの申請用紙はこちらよりダウンロードできます。

または、イミグレーションの受付にTM.47という書類があります。

90日レポート申請用紙(TM.47)の書き方は以下の通りです。

  • WRITTEN AT:申請場所
  • DATE.MONTH.YEAR:申請日
  • FULL NAME IN BLOCK LETTERS:名前
  • NATIONALITY:国籍
  • VISA:TOURIST,NON-IMM 該当するビザがなければ空欄
  • ENTERED THAILAND ON:DEPARTURE CARD(入国カード)に押された入国スタンプの日付(写真参照)
  • PASSPORT NO.:パスポートNO(パスポートの見方参照
  • ARRIVAL CARD NO.:DEPARTURE CARD(入国カード)のバーコードの数字(写真参照)
  • ADDRESS:タイの現在の住所
  • SIGNATURE:パスポートと同じサイン

90日レポートの書き方
▲左が入国スタンプの日付、右がバーコードの数字

90日レポート郵送にて申請

必要なもの(郵送の場合)

  • ①90日レポート申請用紙(TM.47)
  • ②パスポートコピー(顔写真のページ)
  • ③パスポートコピー(ビザのページ)
  • ④パスポートコピー(最新の入国スタンプのページ)
  • ⑤入国カード(現物)
  • ⑥前回90日レポート提出時にもらった半券(現物)
  • ⑦返信用封筒(送付先明記)

90日レポート申請用紙①

(TM.47)ダンロード後、書き方を参考に記入してください。

パスポートコピー②③④

コピーには全て名前と日付をサインをします。

入国カード(現物)⑤

コピー不可、現物を郵送します。

半券(現物)⑥

前回90日レポート提出時にもらった半券はパスポートの裏にホッチキス留めてあります。(現物)

返信用封筒(送付先明記)⑦

返信用封筒の宛先はタイの現在の住所です。

①〜⑦全てを封筒に入れて以下の送り先に送付します。

宛先

住所|G/F, A Building, Promenada Resort Mall, Tambon Tasala, A. Muang Chiang Mai 50200

会社名|Chiang Mai Immigration Office (Promenada)

Telephone:053142787 – 0955428125

郵便局でもらう領収書とコピーは手続きが完了するまで(半券が送られくるまで)保管しておきましょう

イミグレにて申請する場合は⑦番の返信用封筒は必要ありません。



About The Author

HIRO_チェンマイ
チェンマイ生活6年目突入!

現地にいるからこそ知っているチェンマイの穴場スポットや、チェンマイで生活する上で必要な情報をコツコツ書いてます。

情報の鮮度と質にこだわり、タイ語メディアを使って情報収集しています。

➡︎詳しいプロフィール