チェンマイでタイ語勉強中

タイ語で手紙を書いてタイ人オーナーに家賃値下げ交渉した結果

タイ語で手紙を書いてタイ人オーナーに家賃値下げ交渉した結果

今のコンドミニアムに住み始めてもうすぐ二年になります。特に引っ越す理由もないので契約更新するつもりでいます。

ただ、普通に更新するのもつまらないので、今年ははタイ語で手紙を書いて家賃交渉することにしました。

家賃値下げのための理屈を考える

コンドミニアムの更新時期となり僕が考えたことは、このまま賃貸契約期間を1年にすることは、タイの情勢がいまのように軍が政治を独占しているような状態だと、去年よりもリスクを背負うということです。(2014年の家賃更新時)

タイ側の都合でビザがもらえず、日本に帰らざるを得ない状況だって十分考えられます。政治不安が去年よりも高くなったのに賃貸契約条件が同じというのはちょっと厳しいです。

いつまでタイにいれるかわからないなかで1年縛りの契約をするなら、オーナーさんに、家賃を少し考えてほしいという身勝手な考えです。苦しい理屈のつけ方ですが、家賃を下げてもらう為にこのような理由を考えました。

そして僕はタイ友に相談しました。

相談した彼はわかってくれたけど、彼曰くタイ人はリスクをとるという発想はないから話の内容が伝わらないだろう。確かに値引きして欲しいことはオーナーもわかるけど、君の(僕)の理屈は、タイ人は不思議に思うとのことです。

もちろん身勝手な理屈の申し入れなので、じゃあ引越せばと言われる事も想定しています。事前にオーナーさんに伝えたい事をタイ語で書いてきたのでその文章をタイ友に見せ細かい言いまわしを修正してもらいました。

タイ語の手紙

เรื่อง ขอเปลี่ยนเงื่อนไขสัญญา

契約条件変更の件

เรียน○○○○○   เจ้าของ○○○○○ของห้องเลขที่○○

○○室のオーナ様

ผมซื่อhiroเป็นคนญี่ปุ่นตอนนี้เช่าและพักอยู่ที่ห้องเลข○○

僕は日本人のhiroです。今○○号室をお借りしています。

เนื่องจากสถานการณ์ทางการเมืองไม่แน่นอนอาจจะส่งผลกระทบต่อการได้รับวีซาของผมในอนาคตผมไม่ทราบว่าจะอยู่เชียงใหม่ได้ถึงเมื่อไรครับ

政治情勢が安定していない事により僕のビザ延長が影響をうけてしまうかもしれません。

僕はチェンマイにいつ迄いることが出来るかわかりません。

ทำให้ผมต้องยอมรับความเสียงที่จะเกิดขึ้นได้ตลอดเวลาครับ

僕はこの先リスクを受け入れ続ける必要があります。

ดันนั้นผมจึงขอเสนอให้เจ้าของห้องช่วยเปลี่ยนแปลงเงื่อนไขสัญญา

したがってオーナー様に契約条件の変更の申し入れをさせて下さい。

คือปรับราคาค่าเช่าห้องจาก△△บาทเป็น○○บาทแต่ให้คงระยะเวลาสัญญาเช่า1ปีเหมื่อนเดิมครับ

家賃△△円から○○へ変更、しかし、契約期間は変わらず1年。

ทั้งนี้หากเนื่องไขที่ผมเสนอข้างต้นเป็นไปไม่ได้กรุณาแจ้งให้ผมทราบภายในวันที่△△/○○2557

もし上の申し入れが駄目な場合は申し訳ありませんが何月何日迄に知らせて下さい。

เพราะผมจำเป็นจะต้องหาห้องใหม่ครับ

僕は部屋を探す必要があります。

รบรวนชวยพิจราณาด้วยครับ

お手数をおかけしますがご検討の程宜しくお願いします。

申入れ前の下準備

オーナーさんにメールを送信する前に、根回しと言うか、マネージャーにひとことことわってから送る事にしました。

マネージャーの面子を潰すと言ったら大袈裟ですが、マネージャを飛び越えて直接タイ人オーナーとやりとりすることは、マネージャーにすれば面白くないかもしれません。

HIRO

契約更新でマネージャーのアドバイスが欲しいけど今、時間大丈夫ですか?

マネージャー

いいわよ。何?

HIRO

来月、賃貸契約が切れるので引越すか今の部屋の値引きを申し入れようと思ってます

マネージャー

わかったわ!ちょっと待ってね

そう言って、このコンドミニアムの空室のリストを僕に見せた。

HIRO

何でここのコンドミニアム内での引越なんだろう。

HIRO

ちがうよ!外のコンドミニアムに引越をするか今住んでいる部屋の値段を下げてもらうかですよ!

マネージャー

わかったわ。電話してあげるわ

HIRO

僕がメール送ります。入居前に2万4千円値引きしてもらっているので、直接メールで伝えた方が良いかと思って。

マネージャー

それなら多分無理ね。この部屋のオーナーさん先日も他の部屋の値引きの申し入れを断ったわよ

HIRO

今の家賃で満足してますが、言ってみるだけです。

二日後、オーナーさんが値引きに応じてくれるという知らせがありました。

オーナーが会いにきた

それからしばらくしたある日、昼近くに部屋の電話がなりました。受話器をあげるとマネージャーが、今、オーナーが来ているからロビーまで降りてきてと言っています。

急いでシャワーを浴びてひげをそって歯を磨いて襟付きのシャツにズボンをはいて7、8分でロビーへおりていきました。

人に与える第一印象は、そのあともずっと引きずられるので、一度ついてしまった印象を変えるのは大変です。

別にめいいっぱいオシャレをするとか、高い洋服を着る必要はないですが、最低限の身だしなみと目上の人と会うなら襟付きの服を着きます。

ロビーへいくと、オーナー、オーナーのお父さんとお母さん、親戚の方4人のタイ人がソファーに座っていました。タイドラマに出てくるお金持ちファミリーみたいでちょっとビビりました。

オーナーは女医で普段、バンコクにいますが、休みをとってチェンマイに来たそうです。このコンドミニアムで他にも数部屋貸しています。

全員に合掌して(自分の顔の前で手を合わせて)挨拶をしました。

僕「はじめまして僕は日本人のHIROです。この度は値引きして頂きありがとうございました。」

オーナー「どうですか?何か問題ありますか?」

僕「ありません。快適です。」

オーナー「そう。それは良かったわ。」

母「ところでね契約は1年でしょ。気に入っているのなら2年にすれば家賃も考えてあげるけど」

僕「チェンマイにずっといたいですが、この先いつ迄ビザの許可がでるかわからないです。ビザがもらえたら、またご相談にのって下さい。」

オーナー「わかったわ。」

親戚のおじさん「ビザなんて心配しなくて大丈夫だよ、タイ人女性と結婚すればいいんだよ。君は彼女いないのか?」

そこから雑談は20分くらい続きました。

オーナーさんのお母さんからは娘は医者だからどこか悪くなったら電話しなさいと言っていただきました。

もちろん社交辞令ですが挨拶できなかったり言葉遣いが汚かったら。

僕のタイ語のレベルは下の上ですがきちんとしたタイ語を勉強してきてよかったと思いました。

オーナーさん一家は、家賃をあまり気にしていない感じでした。細かい金額はきにしない。そのくらいどっしりしていたというか奥行きがある方達でした。

HIRO
チェンマイのコンドミニアムのオーナーはバンコクのお金持ちが多いと聞きます。直接話しをさせてもらえる機会は少ないと思いますが、もし機会があれば意外とあっさり値下げしてくれるかもしれません。
関連記事

チェンマイコンドミニアム2016

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking