チェンマイでタイ語勉強中

チェンマイコンドミニアム探しとはじめての家賃交渉 2013年

チェンマイコンドミニアム探しとはじめての家賃交渉 2013年

去年まで住んでいたチェンマイ最高層コンドミニアムは住みやすくて気に入っていましたが、タイは賃貸手続きが簡単なのでいろいろなところに住んでみたくなり引越をすることにしました。

チェンマイコンドミニアム探し

引越しをする前に10数件コンドミニアムをまわりました。

1つとても気に入った物件をみつけましたが家賃が予算より高いです。

ジム、プール、サウナ等設備の充実、セキュリティーも厳しく、特に気に入った点は新築でまだ誰も部屋を使った事が無い点です。

とりあえず、マネージャーさんにまた連絡すると言ってその日は帰りました。

そして次の日

僕「部屋の候補が2つあって、今日どちらか決めたいのですがもう一回見せてもらえますか?」

マネージャー「いいわよ!部屋番号は?」

僕「A号室とB号室です」

マネージャー「やっぱり、あなたA号室気に入ってたわよね」

僕「でも、家賃が高くて」

マネージャー「今日は違う部屋も見てみる♪」

僕「その部屋も見たいです」(リストにはない部屋が他にありました)

雑談しながら部屋を案内してもらいました。

各部屋のオーナーはほとんどタイ人で投資用に購入する人が多いそうです。

僕はどうしたらこの部屋の家賃を下げてもらえるか考えました。

洗面所が無駄に広いです。

シャワーとトイレは2つあります。


若い人が好きそうな部屋だと思いました。

チェンマイコンドミニプール

プール

チェンマイコンドミニアムジム

ジム

チェンマイコンドミニアムサウナ

ドライサウナ

はじめての家賃交渉スタート

そして次の日

僕「部屋を決めたので契約しようと思います。手続きはどうすればいいですか?」

マネージャー「どの部屋に決めたの」

僕「A号室です。契約期間は一番短い期間でお願いします」

マ「何で?あなたA号室が気に入ってたじゃない、それに最低1年はチェンマイに居るんでしょ?」

僕「はいA号室は気に入っています。でも、家賃が予算より高いので下がるまで他の部屋を借りて待ちます。」

マネージャー「…」

僕「他の人が決めたら諦めます。」

マ「わかったわ。今オーナーに電話して聞いてあげるから。それで、あなたいくらならこの部屋を借りるの?」

僕「今の家賃よりマイナス8000バーツです。」

待つ事10分位

マ「まず先に言うわね。あなたの希望の家賃でOKだって」

僕「本当ですか〜! ありがとうございます!!!」

マ「ただし条件があって、最低一年契約、それと必要なものは全部自分で購入すること」

僕「えっ!自分で何を買う必要がありますか?」

マ「それはあなた次第だけど電子レンジとか布団とか、あとは必要なら網戸ね」

僕「わかりました 契約はいつがいいですか?」

マ「いつでもいいけど 明日は?」

僕「わかりました。」

マ「じゃあその時にデポジット2ヶ月分と前家賃1ヶ月分、合計3ヶ月分を現金で払ってね」

僕「契約は1日からなので入居も1日からだと思いますが、その前に荷物を運んでもOKですか?」

マ「明日鍵を渡すから明日から良いわよ。あと、入居日が決まったら教えてね。もう一回部屋の掃除をさせるから。それと、ベットカバーとか買って来たら言いなさい。全部メイドさんにやらせるから」

僕「ありがとうございます!確認ですけど1日前に入居したら日割りで家賃発生しますか?」

マ「家賃はいらないわよ」

以前住んでいたコンドミニアムもそうでしたが、オーナーさんが良心的なのかタイの契約がアバウトなのか知りませんが、両方のコンドミニアムとも日割り家賃は発生しませんでした。

それからホームセンターをまわって必要なものを色々とそろえましたがシーツとか身の回りのものが高くて驚きました。

網戸が一枚2000バーツとか、扇風機、食器など全部で3万円くらいかかりました。

関連記事

チェンマイコンドミニアム2016

sponsored link
Facebookページからも更新情報をお届けします

Monthly Ranking