iphone

キーワードでサクッと検索!

iPhoneで縦向き撮影した動画を横向き画面で見る方法

iPhoneで縦向き撮影した動画を横向き画面で見る方法

みなさんは普段、iPhoneで写真を撮るときは縦向きですか、横向きですか?僕は縦向きで写真を撮ります。そのため、動画撮影の時もついつい縦向きで撮ってしまいます。

ですが、縦向きで撮影した映像をパソコンやスマホのモニターで横向きにしてみた場合、モニターに対して映像が小さくなってしまいます。

そこで、今回はiPhoneで縦向き撮影した動画を横向きに変える方法としてiPhoneのiMovieと有料アプリを使った場合を比べてみました。

iPhoneアプリ|iMovie

縦向きに撮影した映像

iMovieを使えば1.5倍くらいになります。

まずはiPhoneのiMovieを開きます。

1タップ目

iMovieで映像を大きくする手順|ムービーをタップ

iMovieを起動して新しいプロジェクトを選択します。

2タップ目

iMovieで映像を大きすする手順|+ボタンをタップ

+ボタンをタップします。

3タップ目

iMovieで映像を大きくする手順|ムービーをタップ

ムービーをタップします。

4タップ目

iMovieで映像を大きくする手順|作成をタップ

作成をタップします。

5タップ目

iMovieで映像を大きくする手順|ビデオ、写真、映像を編集を選択

ビデオ、写真、映像を編集を選択します。

6タップ目

iMovieで映像を大きくする手順

編集したい映像があるカテゴリーを選択します。

7タップ目

iMovieで映像を大きくする手順|↓方向の矢印をタップ

↓方向の矢印をタップします。

8タップ目

iMovieで映像を大きくする手順

画面上にある画像にそっと親指と人差し指2本をのせてつまみを回すような感じでクルッと回してください。

映像を回転させる

僕は時計まわりで回しましたが反対回りでも大丈夫です。

コツは親指と人差し指の距離を保ったままクルッと回すことです。

9タップ目

あとは映像を保存するだけです。

iMovieで映像を大きくする手順

 < をタップします。

10タップ目

iMovieで映像を大きくする手順

保存をして終了です。

iPhoneアプリ|Video Rotate And Flip

アプリその1

ビデオを回転|iPhoneアプリ

ビデオを回転|iPhoneアプリ

使い方は簡単。

アプリを使ってビデオを回転

アプリを使ってビデオを回転

画面左下の回転のマークを軽く1クリックしてください。

ビデオを回転アプリ

ビデオを回転アプリ

あっと言う間に縦向きで撮影した画像が横向きになります。

もちろん再生もできます。

って、違う。

僕は横にしたスマホ画面いっぱいに動画を表示したい!

スマホの画面を横向きにします。

スマホの画面を横向

スマホの画面を横向

横向きのスマホ画面に映像は縦向き!

少し混乱していますが何回試しても横向きのスマホ画面に映像は縦向きです。

使い方が間違っているかもしれませんが気を取り直して次のアプリに行きます。

iPhoneアプリ|ビデオを回転

ビデオを回転|iPhoneアプリ

ビデオを回転|iPhoneアプリ

映像を選択します。

ビデオを回転|iPhoneアプリ

ビデオを回転|iPhoneアプリ

画面左下の回転のマークを軽く1タップしてください。

ビデオを回転

あっと言う間に縦向きで撮影した画像が横向きになります。

もちろん再生もできます。

って、違う。

僕は横にしたスマホ画面いっぱいに表示したい!

スマホを横向きにしてみます。

ビデオを回転横向

うん。

今度は横向きにしても画面いっぱいに表示されています。

よかった。よかった。

って、違う。違う。

映像は横向きのまま!

もう映像の向きが縦向きなのか横向きなのか混乱してきました。

まとめ

工程は少し多いですがiPhoneで縦向きに撮影したビデオを横向きの画面で見るにはiMovieがベストです。

Return Top